スリミングハーブティー

2016年01月13日

その子にあったアプローチで


★平成28年版 一級建築士製図試験対策『がっちり合格ノート』販売中!

★4月下旬から、横浜市にて一級建築士製図試験に向け「エスキース学習研究ゼミ」を開催。2/2(火)より参加受付開始。これまでのゼミに関する記事はサイドバーのタグクラウド「ゼミ」をクリック。
=============================

D34A8C08-3BC1-4A74-AB88-1E668E7541E5.jpg

昨日は新年始まって早速長男のことで小学校へ。

長男はとても素直でいい子だ。
子どもらしい子どもという感じ。

早生まれのせいもあるのか、これまでずっと同級生に比べ少し年齢的な落ち着きを手に入れるのには時間がかかっていた。
他人の気持ちをおもんばかって行動するのが少し苦手で、幼稚園の頃から先生によく注意を受けてきたものだ。
なんでだろうと悩み続けて9年。
長男のことで何度も泣いたけれど、少しずつ長男なりの成長を感じている。

夏に野球を始め、野球のみならず、学習面や生活面においても長男なりに前向きに頑張る姿を毎日見せてくれるようになった。
この半年で、別人のように色んなことに取り組めるようになったなと安心していた矢先、クラスでちょっとした出来事が起きクラスメートに迷惑をかけることになってしまった。
そのため、担任の先生のアドバイスもありスクールカウンセラーに相談する運びとなった。

日々の生活習慣や学習面、性格的な事、得意・不得意など、長男についてをスクールカウンセラーの先生に話してきた。
私の接し方に問題があるのかといつも悩んできたが、色々聞いてもらう中、そうでもないことが分かった。
むしろ、長男の個性に合わせてよく支援していますねという言葉を頂き、背負っていた重いものがスッと降りたような気がする。

子育てには正解がないし、親や子の個性が日々向き合う中で、その家庭のベストを探していくしかない。
優秀な同級生や、よく話を聞いてしっかりと行動できるような同級生と比較し、なんでうちはと思ってしまうことも正直あるけれど、悩んだ後には、たったひとつの個性なんだから他と比べて欠点を嘆くのはやはり無意味だと思い直す。

長男はどんな伝え方をしたら分かってくれるのか、どんどん難しくなっていく勉強をどう支援したら理解できるようになるのか。

物事の理解の仕方は人それぞれで、その人に合ったアプローチがあれば確実に伸びてくれることを仕事だけでなく子育てでも体感している。

導くだけでなく、共感の言葉で寄り添って子どもの成長のスピードに支援をあわせてあげることも親の役割なんだな。
周囲の情報にふらふらすることもあるけれど、自信を持って親業をやっていきたい。

=============================
『がっちり合格ノート』ホームページはコチラ
=============================
資格系のブログランキングに参加しています!
ポチッとクリックよろしくお願いします(^-^)/


人気ブログランキングへ
==============================
建築女子グループ(KTJ48) メンバー募集中!
建築に携わる女性ならどなたでも♪
阿見久美まで参加希望のメッセージを添えどうぞ。
あなたからの申請待ってます!
ラベル:子育て
posted by 一級製図試験のエスキスアドバイス@studylab at 14:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。